配布のクオリティ向上にかかせないシステムに出会えました! ポスティング業 GPS導入事例

●タイムリーかつ効率的な配布員管理の実現 ●配布率の向上とクライアント様への反響率のアップ

有限会社ビルドコンサルテーション様
東京都八王子市:ポスティング業

創業19年目の有限会社ビルドコンサルテーション様は東京の八王子、多摩、日野地区にて配布されている地域密着型のポスティング会社様です。
ポスティングをするだけではなく、少ない費用で効率的に集客率をアップさせるポスティング方法や配布場所の提案も行い、『結果をだす確実な配布』を心がけていらっしゃいます。
今回は、代表取締役の若林拓治様と現場担当主任の川端聖美様に弊社営業企画室の横山がお話を伺いました。

リアルタイムのGPS管理システムを求めていました

横山
“どこ・イルカBiz”導入前の状況をお教えいただけますか?
若林社長
わが社のポスティングスタイルは各配布員が近隣地区を担当する「定置型」で行っています。
この「定置型」は配布員がその地域の特性をよく理解して、綿密に配布できることがメリットなのですが、チラシを配布員に数日間預けることになり、チラシの配布状況が不透明であることがデメリットで、配布員の管理は悩みの種でした。
その管理をするために使っていた、GPSロガーは端末を回収してから、履歴データを取り出すものなのですが、配布現場への直行直帰が基本の配布員ひとりひとりから、端末を回収するのもひと苦労で…。
回収してから、パソコンにつないでデータを出力し、データを出力した後に、電源が入ってなかった、履歴の欠損が発覚したなど、使用できない状態がたびたびあって、不信感が募るばかりでした。
GPSロガーは管理するものではなく、ただのお守りになっていることもしばしば(笑)。
そんな時に、“どこ・イルカBiz”のダイレクトメールが届き、「これは使える!」と思い、すぐに問い合わせをしました。

タイムリーかつ効率的な配布員管理で業務効率がアップ

横山
“どこ・イルカBiz”導入後、どういった効果がありましたでしょうか?
川端主任
配布員管理がぐんと効率的になりました。
正確なルートやピンポイントな位置精度がでるので、配布禁止地域に配布員が入った場合のアナウンスや、配布後の抜き打ちチェックもタイムリーかつ効率的に行うことができ、余計な負担が減り、業務効率の改善ができました。
それに、パソコンの管理画面上で端末の電池残量もひと目でチェックできるので、充電の指示もしやすく、電池切れで使えないことを防ぐこともでき、“どこ・イルカBiz”を常にフル活用できて、満足しています。
若林社長
“どこ・イルカBiz”導入後、配布率が目標値を格段に上回り、地域へ隈なく配布することが可能になりました。
チラシが投函されにくい地域の奥までの配布が徹底でき、そういった地域でのクライアント様への反響率が上がり、クライアント様からの評価と信頼につながっています。
どこ・イルカBizを導入したことが、わが社のセールスポイントになったなと実感しています!

助かる完全定額制と一時休止制度

横山
最後に若林社長に“どこ・イルカBiz”導入の決め手と今後の抱負を伺います。
若林社長
“どこ・イルカBiz”は当社向けにカスタマイズもでき、更に使いやすさを追及できる一元管理システムです。この使い勝手の良いシステムを完全定額制の月額使用料で使用でき、繁忙期ではない時期には一部の端末を一時的に休止することも可能で、月額使用料が軽減されるので助かりました。
いろいろな面で柔軟に対応いただけることが決め手になったと思います。
管理がしやすくなり、クライアント様へのセールスポイントをますます強化し、ポスティングのクオリティを上げ続けることに邁進して参ります。

インタビューを終えて・・・

GPSロガーからの切り替えで、“どこ・イルカBiz”を実証いただき、すぐに導入を決めていただいた有限会社ビルドコンサルテーション様。“どこ・イルカBiz”と監視員の厚みのある管理体制で、丁寧かつ誠実に配布に取り組む姿勢が強く印象に残りました。これからも、ポスティングのクオリティ向上に役立つご提案ができるよう努めて参りたいと思います。

この事例のPDFをダウンロード

導入事例をダウンロード

その他の事例もご覧ください