運輸業GPS導入事例

株式会社ユウガ様
東京都港区:第一種利用運送事業

大手遊技機器メーカー様の輸送業務を主力に、多岐にわたる運送業を行っている株式会社ユウガ様。
常に3つの“S”(safety・security・service)を心がけ、クライアント様の商品を大切にお届けすることをモットーにしていらっしゃいます。
遊技機器の輸送にあたり、路面状況が悪い道路や曲がりくねった道路では振動が激しく、遊技機器の破損に繋がるため、予め走行ルートを指定していました。
しかし、交通状況や天候によっては、ドライバーの判断で指定ルートとは違った道を走行したと報告を受ける事があり、走行ルートの管理に悩まされていました。
また、車両故障した場合、依頼品の積荷を早急に別車両に移し替えるにはリアルタイムな位置情報が必要でした。
そこで、“どこ・イルカBiz”(端末50台:管理パソコン1台)を導入いただき、走行車両の一元管理を開始されました。

●実際の走行状況がリアルタイムに確認でき、依頼品の品質維持と輸送品質の向上を図ることができた。 ●積荷の到着の確認ができ、輸送状況の可視化が可能になった。 ●移動履歴がいつでも確認でき、走行ルートの精査や検証などに活用できた。 ●遅延時の車両の現在位置が確認でき、おおよその到着時刻をすぐに伝えることができ、クレームを最小限に抑えることができた。

安価な費用と柔軟な対応が決め手でした
導入決裁者:専務取締役 荒井様

システム導入にあたり、他社の位置情報端末を検討しましたが、操作が複雑で使いづらく、検索回数によって利用料金が変わる従量課金制であり、実際に試算したところ、月額利用料金が50万円以上もかかることが分かり、導入に踏み込めませんでした。
“どこ・イルカBiz”の端末は操作が簡単で、管理ソフトも高機能。
その上、完全定額制の月額利用料金であることから、他社と比較すると、おおよそ5分の1までコストを抑えることを見込めたため“どこ・イルカBiz”の採用を決定しました。
繁忙期ではない時期に一部の端末を一時的に休止でき、月額利用料金が軽減される柔軟な『一時休止制度』にも魅力を感じ、満足しています。
“どこ・イルカBiz”の一元管理システム導入により、今後の業務改善と輸送品質の更なる向上効果に期待しております。

要望にあわせて、さらに使いやすく
現場責任者:営業部課長 二宮様

配車現場では、担当者が多くの車両に端末を搭載させるので、端末操作が簡単で、即時運用できるシステムを望んでいました。
どこ・イルカBizの端末は、電源のボタンをONするだけで良いので、現場では混乱なく導入できました
それに、“どこ・イルカBiz”はユビキたス社の自社開発のシステムなので、要望にあわせて、さらに使いやすいものに作っていただけます。
その都度のバージョンアップも無償でやっていただけ、導入後のサポートも万全なので安心です。
車両の運行状況がリアルタイムに確認できますし、移動軌跡の保存と確認機能がついているので、必要なときにいつでも移動軌跡を確認でき、正しいルートで運行しているかどうかの確認作業が非常に効率的になりました。

この事例のPDFをダウンロード

導入事例をダウンロード

その他の事例もご覧ください