運送業のケーススタディ

輸送業 ケーススタディ

管理者のパソコンで人・モノ・車両を一元管理

carry_1
  • 車両の現在地と状況を確認
    輸送員が3つのステータスボタンを活用することで、現在の作業状況(集荷・荷卸・店着)などを、配車管理者に送信できます。
    配車管理者はPCで常時すべての車両の現在位置とステータス状況を把握できるので、業務の効率化がはかれます。
  • 配車業務の効率化と高速化
    クライアントからの急な集荷依頼に対し、管理PC画面上で集荷場所から最も近い集荷可能な配送員を確認し、派遣することができます。

輸送状況を可視化

carry_2
  • 前もって輸送先を登録し、輸送先のエリアに進入・退出したことをポップアップ画像で確認することで、輸送状況の確認が可能です。
  • クライアントからの集荷遅れの連絡対応時に、車両の現在位置を確認し、おおよその到着時刻を瞬時に伝えることができます。
  • 目的地から車両現在地までの距離を推定する事が可能です。
    バイク便・運転代行でもご活用いただけます。

1日の移動軌跡を確認することが可能です。

carry_3
  • 輸送会議などで走行ルートの精査や検証などに活用できます。
  • 履歴保存は最大3年間。
    過去履歴の検証・分析することで輸送品質向上を図れます。